道P連役員のつぶやき

24/01/16

学校給食コンクール

1月10日学校給食コンクール2次審査

年に1度のコンクールです。1次審査を通過した道内4校の栄養教諭の先生によるプレゼン、調理員さんの調理、試食、審査、表彰式。審査委員長の川甚本店本間料理長の講演会。

食のプロと一緒に審査をしますので、PTAとして子どもが主体的な学びか、地場産物の利用状況、安心安全な給食の提供であるか。そういう目線を大切に審査をさせていただきました。どの地区の取り組みも素晴らしかったです。結果は道教委HPに掲載しております。

本間料理長より 料理には手間ひまかける、食材にお金をかけるのは格差が出ます。しかし共通して食べられるのは学校給食である。だからこそ学校給食を大切にして欲しい。

栄養教諭の先生と調理員さんとの連携。先生だけでなく調理員さんらも子どもを思って調理している様子に感激しました。心より深く感謝申し上げます。

北海道PTA連合会 副会長 谷渕友美

← 前の記事に戻る
お知らせ一覧に戻る